アサヒプランではプライバシーマーク取得支援及び危機管理委員会の運営
 
アサヒプラン 代表
アサヒプランTOP

問題解決小冊子
問題解決小冊子
適職&人間力(性格)診断
あなたのための
職場の悩み何でも相談室です
一人で悩まず打ち明けて!
↓  ↓




--Contents--

パワハラ防止のコツ・労務問題

セクハラ防止のコツ・労務問題
ストレスケアのコツ・職場ストレス・ストレス診断
クレーム対応のコツ・クレーム対応の心得
コスト削減のコツ
リストラ対策のコツ・拠点閉鎖・指名解雇
早期退職防止のコツ・ストレス耐性向上トレーニング・ビジネスメンタルトレーニング
マネジメント教育のコツ・管理職の育成・マネージャーの心得
従業員教育対策・教育指導のコツ・講師育成
テレアポ教育のコツ・コールセンタースタッフの育成・テレアポの心得
行列のできる学生指導・学生指導のコツ・先生の心得

テレアポ営業の極意・テレアポのコツ・常に目標達成している人のテレアポ術!

訪問営業の極意・できる営業マンの必殺技・いつも目標達成している営業マンの共通ノウハウ!

 

--MENU--
プライバシーマーク取得・更新・運用相談

アサヒプラン会社概要
個人情報保護方針



【お問い合わせ先】
シーエスアール研究所
東大阪市日下町5丁目6−16
TEL:072−988−5333
FAX:072−988−5333
Mail:info@asahi-plan.com

危機管理ノウハウ アサヒプランのTOP
Home > コスト削減のコツ


  コスト削減は、私が言うまでもなく毎日意識し、日々工夫をなさっていらっしゃると思います。毎日毎日経費のムダ使いをチェックし、必要に応じて指導や経費の圧縮策に取り組んでいらっしゃるはずです。

 しかし、

   どうも上手くいかない!思うように経費が圧縮されない!
   ・低消費機器や設備の導入、基本料金の見直し等をしたが、逆に経費が増加してしまった!
   ・経費削減に現場が協力してくれているのに期待していたほどの結果が出ない!
   ・コスト削減にコンサルタント会社に依頼して一時は経費の圧縮はできたが、
    またすぐに元に戻ってしまった!

 という状況に陥っていませんか?

 

 ■まず理解しておきたいこと

 会社のコスト:いわゆる”経費”は、大きくわけて3つのコストに分類されます。ひとつは、電気・水道・ガスなど会社運営上、最も必要な底辺にあるコスト「エネルギーコスト」です。次に、会社運営には事務が必要不可欠ですが、その事務を行う環境や設備、事務に関連する消耗品などの「オフィスコスト」。そして、営業活動や保守、取引活動に必要な移動諸経費や運用のために必要な経費などの「オペレーションコスト」です。このようにまずは、一口に言っても大きく3つにコスト(経費)を分類して対応方法を考える必要があるということを理解しておきたいところです。

 一般に、コスト(経費)削減を実施しようとした場合に、多くの会社では、真っ先にエネルギーコストに手を着けるたくなります。電気・水道・ガスなどの公共料金の基本料金を下げるための契約の変更などがそれにあたります。この方法は、例えばコスト削減を実施する担当者一人が、誰への影響もなく対応できるというメリットがあり、手早く効果のあるものだとして、多くのコスト削減コンサルタントの方々も推奨していらっしゃいます。しかし、例えば、電気料金を現在「業務用電力供給契約」であるところを「高圧電力供給契約」に変更したら、基本料金が年間で100万円程度の削減ができると言われて、じゃあすぐに契約変更しようとしたとしても、実はそうはなかなか変更をしてくれないのが実態です。変更までの期間や手間、時間を待って電力会社から連絡があっても「変更できない」という内容だったなど、削減金額は確かに魅力的ですが、それまでの道のりはかなり険しく、残念ながら、それまでにかかる労力と削減金額のバランスが取れるケースはあまり多くはありません。

 

 ■日々の使用実態の把握をしていますか?

 確かに1円もムダにしたくない。支払う必要のないお金を支払うなんてバカバカしい。と思います。だからといって、そのお金と同じ価値のある「時間」や「労力」を犠牲にしてまで、エネルギーコストの削減にこだわる必要もないはずです。まして、コンサルタントに依頼して削減できたのはいいのだけれど、その成果に見合う報酬の支払いが、削減額以上のものとなるケースも多いため、今または今期の利益を出す必要があるのに、これでは、むしろマイナスになってしまいます。もっと確実なコストの削減、利益として残せる圧縮方法はないものでしょうか?

 このような疑問を解消するために必要なことは、日々の運用の点検、いわゆる現実の直視です。まずは実態を把握し、何がムダなのかを追及するための把握です。そのためには、先ほども言いましたが、「エネルギーコスト」「オフィスコスト」「オペレーションコスト」に分類し、何がそれにあたるのか、そして、部門や製品・サービスに対してどれだけ使用されているのかを正確に把握することが重要なのです。

 

 ■健全企業と欠損企業の差は紙一重!わずかなスキを見逃すな!

 少し別の角度から考えてみましょう。中小企業庁が発表している「中小企業の原価指標」という年次報告書があります。これを閲覧しますと、業種業界別で調査対象年度の損益状況や経費使用状況など総合的な中小企業の財務状況が確認できます。その中に、健全企業と欠損企業の違いとしてグラフ化されたデータがあるのですが、これを見ると、コスト使用率から見る欠損企業のコストのかけ方の特徴が分かります。それは、

 

販売費・統制費の使用比率が健全企業とほぼ同額
共通費・地代家賃の使用比率が健全企業よりも高い

   ※販売費とは、宣伝広告費や荷造運賃費など会社のPRや販売を促進する活動のためのコストです。
   ※統制費とは、交際費、通信費、旅費交通費、消耗品費など営業活動に必要な活動コストのことです。
   ※共通費とは、リース料や保険料、減価償却費や水道光熱費など会社全体でかかる費用のことです。
   ※地代家賃とは、事務所家賃や店舗使用料など事業活動に必要な場所・設備にかかるコストのことです。

 

 お分かり頂けますでしょうか?最も分かりやすい例として、売上や売上総利益が健全企業と欠損企業とでは、さほど差がないにも関わらず、使っているお金は、欠損企業の方が多いのです。そして、その原因を探ると、次のようなことが分かりました。

 

今、必要でない部分にお金を使っている

 

 ご自分を含め、従業員全員のコスト使用状況に目を向けてください。あなたの会社がひょっとしたら、欠損企業の仲間入りをしているかも知れません。そして、これが欠損企業をはじめコスト削減を上手く進めることができない原因であるという事実を理解する必要があります。健全企業と欠損企業の差は、まさに紙一重。ご自分や従業員の「使い方:コスト意識」次第であるということなのです。

 

 ■あなたの会社は健全企業?それとも欠損企業?

 自分の会社が健全企業なのか欠損企業なのかを簡単に調べられる計算式をご紹介しますので、是非、試算してみてください。

 まずは、あなたの会社の現在の財務資料をお手元に出してください。その数字を元に、まずは、損益分岐点売上高を算出し、算出できた金額を使って、損益分岐点比率を算出して見ると、今あなたの会社がどういう状態なのかを数字で確認することができます。

 

  (1)損益分岐点売上高算出の計算式

          ★固定費 ÷ 1-(変動費÷売上高) = 損益分岐点売上高

     例)小売業総平均の場合
       ・固定費平均額  94,435千円
       ・変動費平均額 272,273千円    
       ・売上高平均額 374,167千円

       これを上記計算式に当てはめると、

        94,435千円 ÷ 1−(272,273千円÷374,167千円) = 346,777千円

 次に、損益分岐点比率を求めます。

  (2)損益分岐点比率算出の計算式

          ★損益分岐点売上高 ÷ 売上高 × 100 = 損益分岐点比率

       (1)で求めた損益分岐点売上高が346,777千円なので、

         346,777千円 ÷ 374,167千円 × 100 = 92.7%

 

 さて、算出されました 92.7% という損益分岐点比率ですが、健全企業の場合は、このように100%を下回り、欠損企業である場合は、100%を上回ってしまいます。要するに、求めた比率が100%以上か以下かで、あなたの会社の状態がわかるというものです。是非、一度ご確認頂きたいと思います。

 

 ■健全企業であるためには?

 上記計算式に当てはめた結果、自分の会社が欠損企業であることが分かった、若しくは、欠損企業ではないから大丈夫だが、ギリギリの状態で100%に近かったなら、今から申し上げる視点をもって現場をチェックしてみてください。「エネルギーコスト」「オフィスコスト」「オペレーションコスト」この3つのコストのすべての使用状況に対して、

 

 

本当は必要でない経費を使っていませんか?

 

 

 本当は必要でない経費とはいったいどういうものでしょうか?そうです。「あれ」です。ご理解の早い方であれば、すでにこの言葉だけでピーンと来たと思います。


その問題に気づいた人だけが得する方法をそっとお教えします!

 

 

 ■売上が減少しても利益を増加させるために

  当社では、コストの最適化を実現し、売上が減少しても若しくは伸び悩んでいたとしても、わずかな工夫で利益を増加させるために『コストリダクションサービス』をご提供しております。

  コストリダクションとは、「発想の転換をはかり、革新的なコスト低減を実現する活動」のことを言います。当社のコストリダクションサービスは、コストの『見える化』によって「気づく人」創りをめざし、売上が減少しても利益の増加を実現させるために創出したコンサルティングプログラムです。

  会社の継続的な存続と発展を成し遂げるために、当社のノウハウで御社をバックアップ致します!

 

 

 ■当社のコスト削減ノウハウ構築はここから始まった!

  私はメディア総合商社(JASDAQ上場企業)に在籍していましたが、そこでもコストの圧縮対策は日常茶飯事に行われていました。もちろん、私の日常の行動もチェックされ、1円たりともムダがないかをいつも監視されていたように思います。

  そんなとき、私に大きな転機が訪れました。それは、総務人事部長という役割が与えられたことです。最初は「何で??」と首をかしげるほどでした。まあ、こんなチャンスはあまりないと思い、この大役を受けたのですが、最初の仕事はもちろんコストのチェックでした。当時からコスト圧縮の指示や指導が行われていたにもかかわらず、月次でチェックすると圧縮どころかむしろ増加傾向にありました。

  ある日、部下の一人が私にこんな相談をしてきました。「部長、こんなチェックをしても意味がないと思います。チェックする方もされる方もしんどいだけです。なんとか他の方法はないものでしょうか?」確かに私の考えも同じでした。事務用品ひとつ購入するのに確認と決裁が必要で、とても窮屈な業務運用を強いられているなという感覚でした。何度か私の口からも他の方法を検討させてほしいと懇願しましたが、その提案も受け入れてはもらえなかった経験がありました。

  私は、この相談を受け自分の経験も踏まえ、彼に次のような質問をしてみました。「君はどうしたら圧縮できると思う?今の質問では提案になっていないし、ここまでの削減成果が出ますという具体的なプランが見えて来ない。君の職務上のプロセスでいいので、削減できる仕組みを考えてくれないか?」 

  数日経って、彼が再度私に相談をしてきました。「部長、この間の話のあとから会社の経費の使い方をチェックしましたが、事後決裁がものすごく多いことが分かりました。確認をしてから決裁するルールがちゃんと運用されていません。各部署の責任者に通達してきちっと運用するように言いたいのですが?」この提案は私は「なるほど、それを管理する責任者側に問題があるようだな。ちょっと確認してみるとしよう。」そう言って私は普段から仲が良い営業部長に電話を入れ、現在の経費決裁の運用状況について確認をしてみました。すると「おい小林。勘弁してくれよ。そんなルール守っていたら業務効率が下がるだけだし、部下のモチベーションも下がってしまうよ。大体A本部長だってすごい長電話だし、タクシーも乗り放題だ。上に行けば経費が使え、下の者はチェックされ、そんなのやってられないよ。俺の部下はみんな言ってるぞ。まずそっちから言って行くべきじゃないか?」

  私はショックでした。毎日毎日経費使用のチェックを受け、時には叱責されたあのA本部長が経費削減行動を取っていないと部下からの悪評があがっている。部下に厳しく自分に甘いということか!私の脳裏に怒りと不安がこみ上げ、すぐさまA本部長の経費使用履歴をチェックしました。すると、出張での交通機関の利用や交際費の利用がどっさり!まさに、事後決裁はA本部長のものであったのです。中には空港から自宅へ帰宅し、そこから別の場所に行き、また帰宅している領収書を発見し、私はA本部長の元へ行ってこう言いました。「A本部長、部下からA本部長の経費使用に異論を持っている者がおります。A本部長が発していらっしゃる経費削減指示が浸透しておりません。その原因のひとつとしてA本部長ご自身の経費の使い方にあるようです。」すると、「何!お前は俺が不正していると言いたいのか。誰がそんなことを言っている!今すぐ連れて来い!」私はこの時、あ〜。これでは組織の統制なんてムリだなと思いました。なぜなら、組織のトップが自ら部下に指示したことをしていない。現場の意見に耳を傾けないようでは、まともな組織の運用はできないし、いくらルールを作っても部下は従わないだろう。

  このとき、私は聖域のないコスト削減対策を実施するために総務人事部長という大役が与えられたのだと強く思いました。元々私は相手が変わっても言うべきことは言ってきました。その性格を買われての抜擢であったようでした。

  それから半年、私は以前相談にきた私の部下とともに組織のトップから末端までを対象としたコスト削減を励行するため、各勘定科目(損益計算書上)毎に仕分けし、部署や役職の壁を越えた削減対策案をまとめ組織関係者全員に配布しました。その名も「企業のためのコスト削減マニュアル」。管理者でも実行者でも皆に共通し、互いにチェックの目を持つことで、組織全体の経費の圧縮に挑みました。

 

  このマニュアルのテーマは

 

「本当に必要な経費」と「本当は必要でない経費」

                                              を見極めること

「上司・部下に関わらず互いにチェックする目」

                                           を持つこと

「コストを削減するのではなくコストを最適にする」

                                            と考えること

 

  そして、

末端従業員が自分にもできる!

と思うほどの具体的な策を打つこと

 

  それからというもの、A本部長も部長も課長も主任も一般も営業職も業務職も事務職も皆が同じベクトルを持つようになり、導入後3ヶ月で、なんと

単月で2,000万円強の経費削減を実現

したのです。私はこの時、強く思いました。

  
       ・コスト削減は、聖域があってはいけない!
       ・コスト削減は、実際性がなければいけない!
       ・コスト削減は、信頼関係がなければ果たせない!
       ・コスト削減は、使う側の意識次第である!
       ・コスト削減は、組織を潤わす第一歩である!

  会社は人、組織も人、売上を上げるのも人、経費を使うのも人、組織を良くするのも悪くするのもすべて人である以上、コスト削減の対策で最初に行うべきは人の意識改善です。現場にいるのも人、管理するのも人、大きい小さいに関係なく、コストを使う人の意識こそ、コスト削減を行う最大のポイントです。それが、スタッフのモチベーションにも影響し、組織良し悪しも決めます。だからこそ、「現場」 が命であると強く思います。現場を見ないでコスト削減はありえません。また、現場にしかコスト削減対策の答えはありません。このことをこれからも訴え続けたいと思います。そして、私は、この時に作成したマニュアルを元にして再編集したレポートを広く皆様にご提供し、1円でも多くコスト削減対策に実を結ばせてほしいと思います。  

 

 

 

 

 

 ■コスト削減&コストパフォーマンス問題を低コストで解決したい方々へ

 

【問題解決小冊子】

コストリスク対策のコツ
〜企業のためのコストリスクヘッジマニュアル〜

をご存じですか?

 

これまで沢山のお客様より、
「コストマネジメントに関する簡単なマニュアルやノウハウ本を出して欲しい」
「従業員のコスト意識問題を解決するための方法を具体的に教えて欲しい」
等のご要望や、
「コスト問題やマネジメント問題を抱えながらも、外部の意見やノウハウを仕入れるのには高額なコストが必要で会社として予算が出せず困っている」
「会社全体としては大事な話だが、自分の所属する部署のコスト問題やマネジメント問題に対して秘密裏にノウハウを得て独自対策を進めたいが、それに見合う安価なノウハウ情報が得られない」
等ご意見を頂戴して参りました。

  弊社独自の実践的ノウハウは、そのような水面下でお悩みの方々にもきめ細かい情報提供を差し上げなければ意味がないとの考えより、この度、コスト問題やマネジメント問題の解決を目的としてまとめました問題解決小冊子「コストリスク対策のコツ」の販売を開始することと致しました。
  この小冊子は、会社全体のコスト問題解決というよりも、管理職の方々や現場に常に携わる一般職の方々向けに編集した現場重視方実運用マニュアルで、コストリスクが発生頻度が高いものを中心に、勘定科目毎に削減可能事項事項と運用チェック事項を問題提起し、その対策方法を紹介しております。また、弊社代表が沢山の企業様にご対応させて頂いた内容を元にまとめ上げたものであるため、お読みいただくとすぐに実践することができます。また、読む時間もコストと捉えて文章量もできるだけ抑えております。もちろん100%の成功率とは言いません。しかしながら、この小冊子に書かれている内容を実践していただくことで、相応の結果を得ることができるよう内容を吟味しております。

  では、この問題解決小冊子「コストリスク対策のコツ」の内容はどのようなものなのか?小冊子の目次をご紹介致します。

______________________________________

【問題解決小冊子】
コストリスク対策のコツ
目  次

 

はじめに

人件費

 〜削減可能事項〜

   従業員給与
    勤務態度
    勤務環境
   アルバイト給与
    勤務実態
    請求時間
   派遣料
    勤務実態
    請求時間
   残業代
    勤務実態
    請求時間
   通勤費
    通勤手段
    利用状況
   社宅家賃
    契約金
    家賃
   社宅水道光熱費
    水道光熱費
    使用料金

 〜運用チェック事項〜

  残業(時間外労働)
    深夜残業の強要はないか?
    早出出勤の強要はないか?
    サービス残業の環境となっていないか?
    水増し請求のできる環境となっていないか?
    深夜残業・休日出勤・通常残業のいずれもより抑える動きが取れているか?
    土日出勤・深夜残業等日々の運用上の工夫により削減は可能か?
  打刻
    強制打刻・代理打刻はないか?
    打刻修正申請漏れによる賃金の未払いはないか?
    申請方法は正しく認識されているか?
    タイムカードを回収していないか?
    タイムカード打刻は適正に運用されているか?
  勤務
    セクシャルハラスメントはないか?
    買い殺し等のいじめはないか?
    暴力が起きていないか?
    不必要な外出や勤務放棄または所在不明等はないか?
    解雇の乱用等従業員に対する不必要な威圧はないか?
    悪質な無断欠勤者はいないか?
    幹部や責任者の遅刻早退欠勤を改善できる効果的な仕組みはないか?
  通勤
    通勤費の水増し請求・異動届の申告漏れ・虚偽申請はないか?
  社宅家賃
    現状の社宅契約は適切か?
    期限を越えた利用はないか?
    社宅の値引き交渉は可能か?
  労務問題・リストラ
    起こり得る問題に対するケーススタディはできているか?
    対応マニュアルの作成は可能か?
    労務問題に対する知識と他社情報を持っているか?
    直接指名解雇
    拠点閉鎖による解雇
    解雇時に発生する従業員からの質問と解答例

通信費

 〜削減可能事項〜

   固定電話
    基本料金
    通話料金
   携帯電話
    基本料金
    通話料金
   専用線代
    基本料金
    計上金額

 〜運用チェック事項〜

  通信費
    固定電話の回線で不要回線はないか?
    私的電話や長電話がないか?
    携帯電話の使用状況は?(月額1万円超の使用者はいないか?
    携帯電話の平均使用通話の把握と平均金額以上の使用者を把握し、使用制限等の対策を
    打っているか?
    専用線代について、正しい根拠に基づいた金額が計上されているか?
    他社への契約変更は可能か?
    その他通信費で無駄な使用の削減若しくは工夫により使用を控えることはできるか?

旅費交通費

 〜削減可能事項〜

  営業交通費
    利用交通機関
    社用車
  出張旅費
    出張日程
    利用交通機関
  駐在旅費
    諸手当
    日当

 〜運用チェック事項〜

  旅費交通費
    無駄な出張日程となっていないか?
    交通手段は適切か?
    駐在手当ては正しい根拠に基づいて支払われているか?
    チケット総合手配等、他に安価な仕組みの利用制度の構築は可能か?
    タクシーの利用に対する制限策はないか?
    ETC・給油カードの無駄利用、業務外利用はないか?

荷造運賃費

 〜削減可能事項〜

  配送業者
    配達料金
    配達依頼フロー
  送り状(伝票)
    元払い
    着払い

 〜運用チェック事項〜
   荷造運賃費
    より安く配送業者への値引き交渉はできないか?
    無駄利用・未使用・廃止部署等の伝票はないか?
    無断・私的利用はないか?
    別の輸送手段はないか?
    慣例的に行われている輸送手段で安易に利用していないか?

消耗品費

 〜削減可能事項〜

  事務用品
    商品価格
    注文フロー
  受注書(申込書)等消耗書類
    印刷価格
    注文フロー
  カウンター料
    利用価格
    取扱状況

 〜運用チェック事項〜

  消耗品費
    在庫ストック等の理由で不必要に購入していないか?
    個人的使用による購入を自粛する施策は取れているか?
    複写機カウンター料金についてミスプリント等によるカウンターの回しすぎはないか?

リース料

 〜削減可能事項〜

  社用車
    契約料金
    取扱状況
  OA機器
    契約料金
    取扱状況

 〜運用チェック事項〜

  リース料
    未使用機器の解約はできるか?
    社用車の余剰はないか?
    社用車の制限は可能か?
    什器のリース契約を解約できるか?

地代家賃

 〜削減可能事項〜

  事務所家賃
    契約金
    使用料金
  駐車場代
    契約金
    使用状況

 〜運用チェック事項〜

  地代家賃
    事務所の清掃回数を減らせないか?
    事務所の解約に関する現状回復費は妥当か?
    適切な事務所利用ができているか?

水道光熱費

 〜削減可能事項〜

  電気料金
    基本料金
    使用料金
  水道料金
    基本料金
    使用料金

 〜運用チェック事項〜

  水道光熱費
    節水・節電を徹底しているか?
    蛍光灯を一つ外すことはできないか?
    水道使用量を抑えることはできないか?
    無人フロアの空調稼動はないか?
    帰宅時、PC・モニターの電源をOFFにしているか?
    現在の空調利用時刻等は適切な設定か?

交際費

 〜削減可能事項〜

  接待交際費
    祝い金
    食事会
    接待

  会議費
    会議昼食会

 〜運用チェック事項〜

  接待交際費
    待交際費の私的利用はないか?
    会議費の総額はいくらか?
    年間の接待交際費の使用総額と使用頻度はどれくらいか?
    使途不明な領収書が承認されていないか?
    コストに関する事項のまとめ

おわりに

 


______________________________________

  編集は、A4版用紙で全59項構成となっております。また、この問題解決小冊子をご購入くださいました方々は、弊社職場の悩み相談室の予約を優先して受けることができます。さらに、ご購入者様の所属する会社のマネジメント教育や離職未然防止のための研修、マネジメントコンサルティング等を低価格でさせて頂くことが可能です。

《小冊子の料金》

¥4、800(税・送料込) 

 

《ご購入のお申し込みからお手元に届くまで》

  まずは、問題解決小冊子「コストリスク防止のコツ」のご購入のご意思を当サイトの一番下のお問い合わせフォームよりお知らせください。

                      ↓

弊社よりメールにて代金のお振込み先をご連絡差し上げます。

                      ↓

最寄りの金融機関より弊社指定口座に代金のお振込み。

                      ↓

ご入金が確認されましたら小冊子データ(PDFファイル)をメールでお届け致します。



※お申し込みを頂く際は、お届けするメールアドレスを必ずお知らせください。
※振込手数料はお客様のご負担となります。

※著作はシーエスアール研究所に帰属しますので無断の複製や転載等はご遠慮ください。

 

↓     ↓     ↓     ↓

お申し込みは下のお問い合わせフォームより今すぐ!!

 

あなたからのご連絡を心よりお待ちしております。

 


 

こんな応援小冊子があるのをご存じですか?

  ・適職に出会う自分学
  ・天職をつかむ自分学

↓     ↓     ↓     ↓

ご関心のある方は今すぐここをクリック!!

 

 

まだまだある問題解決ノウハウ!!

  ・早期離職防止を未然に防ぐマネジメントのコツ
  ・パワハラ防止のコツ
  ・クレーム対応のコツ
  ・テレマーケティング営業の基本的ノウハウ                 etc

↓     ↓     ↓     ↓

ご関心のある方は今すぐここをクリック!!

 

 

お 問 合 せ フ ォ ー ム
24時間365日お受けします!

御社名(法人の場合)
必須
お名前及びご担当者名
必須
ご住所
必須
TEL
必須
FAX
E-mail
必須
送信内容
お申込  お問合せ  ご相談 お見積り
選択項目
内容

<個人情報の取り扱いについて>
ご入力頂きました個人情報は、受講者名簿の作成、出欠確認及びシーエスアール研究所からの各種連絡・情報提供のために利用させて頂きます。

〈送信エラーが出る場合について〉
送信エラーが出る場合は、大変お手数でございますが、以下のメールアドレスまでご記入内容を送信ください。

            メール送信先:info@asahi-plan.com

 

そんなこと言ったって、とにかく時間がない!今すぐ教えて欲しい!相談に乗って欲しい!そんな切実な局面を迎えていらっしゃる方。今すぐ、電話かメールでご連絡ください。あなたの抱えている問題にあなたの立場に立って、ご対応させて頂きます!

 

都内おまかせ!コピー機の事務機器ねっと 

 
 
 
 
 
ホームコスト削減のコツセクハラ防止のコツパワハラ防止のコツストレスケアのコツ
リストラ対策のコツクレーム対応のコツテレアポ教育のコツマネジメント教育のコツ
早期退職防止のコツ従業員教育のコツ行列のできる学生指導
Copyright (c) 2013 危機管理委員会 コスト削減のコツ・経費削減・コンサル シーエスアール研究所. All Rights Reserved.